2007年10月07日


《ラグビーW杯2007フランス大会準々決勝》
イングランド 12-10 オーストラリア
フランス 20-18 ニュージーランド

開幕から波乱の今大会。
準々決勝では優勝候補の2ヵ国が敗れるという大波乱が起こりました!

オーストラリア×イングランドは得点こそオーストラリアが先行しましたが、前半からイングランドの気迫が凄かった。
完璧なオーストラリアの防御をショートキックやインサイドパスを多用し、少しずつ崩していました。
FW戦でも密集で体を張り続けて制すれば、あとはSOウィルキンソンのキック!
元々、ロースコアーになると予想してましたが、これは完全なイングランドペースの試合でしたね。
イングランドからしたらシナリオ通りだったのでは???

またもう1試合のニュージーランド×フランスも大波乱。
今大会不調の地元フランスが意地を見せて優勝候補大本命のニュージーランドを敗りました!
やはり“地の利”が大きかったのですかね?
もうこのレベルまできたら実力差はあまりないだろうから、試合をする場所や気候などの影響が大きくなってくるんでしょうね。

オーストラリア×イングランドの試合を見ていてもイングランドサポーターからサッカーと同じ歌が聞こえてきました。
これは絶対に選手の力になっていたはず!
スタンドが勝つ雰囲気になってたのでしょう。
恐らくフランス戦も同じような雰囲気だったのではないしょうか?

これを日本で考えてみるとどうかな?と。
今大会の予選プールでフィジーと大接戦の末敗れたジャパン。
果たしてこれが日本での試合だったら勝てたかどうか???
僕が思うに今の段階ではYesともNoとも言えません。

まずはやっぱりラグビーの試合が国民の関心事にならなきゃですよね。
スタンドが観客で埋まらなきゃです!
そして“23番目の選手”の力。
仮に今、日本でW杯が開催されても、“23番目の選手”で大波乱を起こせる程のパワーはまだないと思います。
ただ2015年まであと8年あります。
この期間で大波乱や奇跡を起こす雰囲気を作れるスタンドにしたいですなん!

さて今日の2試合で4強が出揃うW杯フランス大会。
大会の事を考えると開催国フランスとイングランドの北半球勢が勝ち残ったのはよかったと思います!
準決勝のフランス×イングランドは盛り上がるだろうなぁ〜!!!
まだまだ寝不足は続きますぞぉー!笑
posted by コラソン酒井 at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5757716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif