2011年02月24日


ニュージーランド地震で被災した南島のクライストチャーチに本拠を置くラグビーの強豪チーム、カンタベリー・クルセーダーズが北島のウェリントンで26日に予定していた世界最高峰リーグ「スーパー15」の試合を中止したことが24日、分かった。

 選手が家族とクライストチャーチにとどまることを希望したためで、カンタベリー地方ラグビー協会の会長は「試合を行うのは適切ではないとの結論に達した。今はラグビーは優先事項ではない」と話した。地元クライストチャーチで3月4日に実施予定の試合も開催の可否を検討する。(サンスポ)
posted by コラソン酒井 at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ラグビー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43571009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif