2011年02月23日


慶大ラグビー部の監督を今季で退任した林雅人氏(48)が、トップリーグ(TL)に所属するNTTコムのヘッドコーチ(HC)に就任することが22日、わかった。慶大時代、コーチングコーディネーターを務めた金沢篤氏(32)もチーム入りする。

 外国人コーチらの契約が今季で終了したことを受けて実現したもので、同HCにとって、コーチングスタッフとしてサントリーを指導して以来、5季ぶりのTL復帰。昨春に現役を引退したばかりの大沼照幸監督(35)をサポートしながら、初昇格の今季、入れ替え戦で残留を決めたチームの強化に着手する。

 慶大監督1年目で、5年間大学選手権2回戦の壁を破れなかったチームを準優勝に導き、今季の対抗戦では、優勝した早大を10季ぶりに破り、早大、明大と並ぶ3校同率の2位。99年度にはHCとして、慶大の大学日本一に貢献した。豪州で学んだコーチングをベースに、高い分析力を駆使した指導力への評価は高い。

 TLでは12位に終わったNTTコムだが、強豪トヨタ自動車を破るなど潜在力はある。林氏が慶大時代に指導したFB栗原徹(32)ら3人の慶大OBが所属することも、就任を後押しした。(サンスポ)
posted by コラソン酒井 at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | トップリーグ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43559079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif