2011年02月21日


ラグビー関東大学対抗戦のライバル校、早大、慶大、明大の3大学が史上初めて選抜チームを結成することが分かった。5月3日に秩父宮ラグビー場でニュージーランド学生代表と対戦する。メンバーは今春卒業の4年生以下で編成され、主催の関東協会関係者は「ドリームチームを結成したい」と意気込んでいる。

 プロ野球界は「斎藤世代」が話題を集めているが、ラグビー界も現在の4年生はタレントがそろった。早慶明でも18人(早大8、慶大4、明大6)が来季トップリーグ入り。早大SO山中副将(神戸製鋼)、明大CTB衛藤副将(NTTドコモ)、慶大CTB増田(東芝)の豪華なBK陣を見られる可能性もある。

 スタッフは監督が慶大OBの荒井哲也関東協会理事(54)で、コーチは明大OB藤田剛氏(50)と早大OB今泉清氏(43)の元日本代表コンビが務める。3年生以下も早大フランカー山下新主将ら逸材が多く、ラグビーファン注目のチームになりそうだ。(スポニチ)
posted by コラソン酒井 at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43528835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif