2010年06月30日


【パシフィックネーションズカップ】第3戦結果(6/26 SAMOA)
日本代表 26-23 トンガ代表
posted by コラソン酒井 at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパン

2010年06月21日


日本代表 31-23 サモア代表(前半25-6、後半6-17)

サモア時間6月19日(日本時間6月20日)、日付変更線の向こう側、サモアの首都アピア。

「来た!見た!勝った!」

格上サモアに11年ぶりの価値ある勝利。

HUB原宿店のサモア戦生中継特別営業に集まったサポーターは最初は9人、ゲーム途中で3人増えての少数精鋭も、ジャパン会心のゲームに店内は大いに盛り上がりました!

また南国仕様?に髪を編んで試合に臨んだLO大野、なぜか背番号13番のWTB小野澤のトライシーンなどのエピソードも観戦を盛り上げてくれました。

前半23分、アレジのキックをゴール前でキャッチしたCTBニコラスがトライ

前半27分、自陣スクラムから展開、最後はWTB小野澤が快走しトライ

前半32分、CTBニコラスが自らキックしたボールをキャッチしてトライ

しかし後半になるとサモアが猛反撃

後半12分、タワーズがトライ

後半30分、セブンズのスーパースター、ペサミノがトライして28-16

しかし後半36分、SOアレジのドロップゴールが決まり31-16

直後の後半37分にサモアにトライを許すも、サモアの最後の猛攻を凌いでノーサイド!

これで最終戦のトンガ戦に向けて、弾みをつけて臨むことができます。


PNC-Japan create history with a win over Samoa

2_try_hero_Ryan_Nicholas.jpg
2 try hero Ryan Nicholas









Hitoshi_Ono_charges.jpg
Hitoshi Ono charges









Big_George_Stowers.jpg
Big George Stowers









[エリス少年]

Japan.jpg
posted by コラソン酒井 at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパン

2010年06月20日


間もなくサモア時間6月19日15:40(日本時間6月20日11:40)

パシフィック・ネーションズカップ、日本代表vsサモア代表のキックオフです!

ジャパンの対サモア戦成績は1勝8敗(7連敗中)

フィジーと同じく、ジャパンにとってサモアは難敵。

セブンズ王者サモアのスター、ペサミノの走りも脅威。

でも今日こそは、花園の歓喜の再現を!

[対サモア戦成績]

1990.04.15 ●11-37
ワールドカップ予選
東京・秩父宮
※当時は西サモア

1999.05.22 ○37-34
第4回パシフィックリム
東大阪・花園

1999.10.03 ●9-43
第4回ワールドカップ
ウェールズ・レクサム

2000.06.10 ●9-68
第5回パシフィックリム
サモア・アピア

2001.07.04 ●8-47
第6回パシフィックリム
調布・東京スタジアム

2006.06.17 ●9-53
パシフィック・ファイブ・ネーションズ
ニュージーランド・ニュープリマス

2007.06.16 ●3-13
パシフィック・ネーションズカップ
仙台・ユアテックスタジアム仙台

2008.07.05 ●31-37
パシフィック・ネーションズカップ
サモア・アピア

2009.06.18 ●15-34
パシフィック・ネーションズカップ
フィジー・シンガトカ


[エリス少年]
posted by コラソン酒井 at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今日は日本代表のパシフィック・ネーションズカップ第2戦、サモア戦!

先発出場予定の大野均選手は本試合で42キャップ目となり、日本代表キャップトップ10入りを果たします。

大野選手、おめでとうございます!!

これからも激しく献身的なプレーで、私たちの胸を熱くさせてください。

大野選手コメント
「まさか自分がキャップ数トップ10に入れるほど日本代表で長くプレーできるとは思っていませんでした。
とても光栄です。
年間のテストマッチの数が以前から比べると多くなっているので、諸先輩方と比べることはできないと思いますが、これからも日本代表としてふさわしいプレーができるように、ますます頑張りたいと思います。
今年の日本代表はパシフィック・ネーションズカップで優勝を十分狙えるチームだと思っています。
先週の負けはショックでしたが、いい反省材料として、サモア戦では激しい試合をして『勝ち』を取りに行きます。」

戦う気持ち!
勝利への執念!

今日のサモア戦は絶対に勝利して、大野選手の日本代表キャップトップ10入りに花を添えて欲しいですね!

<日本代表キャップ トップ10>

1位 79キャップ
元木由記雄(神戸製鋼)
2位 62キャップ
伊藤剛臣(神戸製鋼)
3位 58キャップ
大畑大介(神戸製鋼)
4位 55キャップ
小野澤宏時(サントリー)
5位 48キャップ
箕内拓郎(NTTドコモ)
6位 47キャップ
増保輝則(神戸製鋼)
7位 44キャップ
薫田真広(東芝府中)
8位 43キャップ
桜庭吉彦(新日鉄釜石)
8位 43キャップ
松田努(東芝)
10位 42キャップ
田沼広之(リコー)

※引退選手は当時の所属チーム

[エリス少年]
posted by コラソン酒井 at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月16日


【パシフィックネーションズカップ】第1戦結果(6/12 FIJI)
日本代表 8-22 フィージー代表
posted by コラソン酒井 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパン

2010年06月12日


間もなくフィジー時間15:10(日本時間12:10)

パシフィック・ネーションズカップ、日本代表vsフィジー代表のキックオフです!

現在ジャパンは8連敗中、あと少しで越えられそうで、なかなか越えられないフィジーの壁。

最近トンガには3連勝中も、まずはフィジー、サモアと互角に勝負できるようにならないとその先はない。

その先にはホームユニオンの壁が、アイガー北壁のように聳え立っているのだから・・・

今日こそリベンジを!

[対フィジー戦成績]

1994.05.08 ○24-18
松山・愛媛県総合運動公園

1994.05.15 ○20-8
東京・国立競技場

1999.06.05 ●9-16
第4回パシフィックリム
フィジー・ラウトカ

2000.05.20 ●22-47
第4回パシフィックリム
東京・秩父宮

2003.10.23 ●13-41
第5回ワールドカップ
オーストラリア・タウンズビル

2006.07.01 ●15-29
パシフィック・ファイブ・ネーションズ
大阪・長居

2007.05.26 ●15-30
パシフィック・ネーションズカップ
フィジー・ラウトカ

2007.09.12 ●31-35
第6回ワールドカップ
フランス・トゥールーズ

2008.06.22 ●12-24
パシフィック・ネーションズカップ
東京・国立競技場

2009.07.03 ●39-40
パシフィック・ネーションズカップ
フィジー・スヴァ

[エリス少年]
posted by コラソン酒井 at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月11日


lrg-1275571879-arlidge.jpg日本代表、ジェームス・アレジの移籍情報です。

Fly half James Arlidge will join Nottingham from the Newport Gwent Dragons next season after signing a one-year deal today. [03 Jun 2010]

ニューポート・グウェント・ドラゴンズからイングランド2部リーグのノッティンガムに1年契約で移籍する模様。

日本代表の外国人問題(外国人が多すぎる)とも関係しますが、外国人選手が日本代表としてプレーする以上、やはり日本のチームに所属して欲しかった・・・

日本人選手が海外クラブに移籍するのとは、その意味するところが全然違います。

もちろん日本代表の外国人選手や、日本でプレーする外国人選手の多くは、真面目で素晴らしい選手ばかりです。

またジョージ・グレーガン、スティーブン・ラーカム、トニー・ブラウン、マーク・ジェラード、クリス・レイサムetc.世界のビッグネームのプレーを日本で観ることが出来るのは本当に幸せな事です。

ラグビーに取り組む姿勢など、日本人選手が外国人選手から学ぶ事も多い。

しかしその反面、トップリーグ等で有望な日本人選手の出場の機会が奪われているのも事実。

特に最近ハーフ団に外国人選手が増えているのは、日本代表の真の強化(日本らしさの追求)にとっては深刻な問題です!

まあ私としては、トップリーグは条件付き「開国派」、日本代表は条件付き「攘夷派」といったところです(^^;)

[エリス少年]
posted by コラソン酒井 at 07:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月10日


NA1005_RUGB_L2.jpg鈴木彩香さんと同じ汐入小学校タグラグビー出身、山口真理恵さんもオーストラリアで頑張っています!

女子ラグビー「シドニー代表」に日本人選手2名が出場![2010.6.1](抜粋)

オーストラリアの州代表による女子ラグビーの全国大会、オーストラリア・ナショナル・チャンピオンシップに向けた「シドニー代表」に日本人選手2名が選出された。

高橋はるか選手は今回で3回目の選出。

もう1名は山口真理恵選手、女子ラグビー日本代表の中心選手であり、昨年9月よりシドニーに留学中。高橋選手と同じ「Sydney University Womens Rugby Club」に所属し、日々トレーニングに励んでいる。

4月16日にはキャンベラ・スタジアムでスーパー14「ブランビーズ vs ハリケーンズ」の前座に行われた強化試合「シドニー代表 vs ACT代表」に出場。

http://top.25today.com/sports/rugby/2_55.php


※女子ラグビーのオーストラリア代表は「ワラルーズ」(Wallaroos)というんですね!

---------------------

6月7日、シドニー代表はクイーンズランドに勝利を収め、オーストラリア・ナショナル・チャンピオンシップ優勝!

第1戦
シドニー 36-5 NSWカントリー
第2戦
シドニー 11-10 ブランビーズ
第3戦
シドニー 19-10 クイーンズランド

山口選手、高橋選手は第1戦には出場したらしいのですが、第2戦と第3戦は不明。

いずれにせよ優勝おめでとうございます!

[エリス少年]
posted by コラソン酒井 at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月09日


player_dupreez.jpg.jpgグレーガンの衝撃には及ばないが、サントリーサンゴリアスがまたしても大物外国人選手を獲得した。

2007年W杯フランス大会で優勝した南アフリカ代表スプリングボクスの大型スクラムハーフ

フーリー・デュプレア
(Fourie du Preez)

生年月日 1982年3月24日(28歳)
身長 182cm 体重 89kg
代表キャップ数 55 (2010年6月9日現在)

契約期間は2011年6月〜2013年3月までの2シーズン

サントリーへの本格的な合流は、来年の2011年W杯ニュージーランド大会後といったところか・・・

2007年W杯では決勝を含む6試合に先発出場、強いタックルと冷静な状況判断でスプリングボクスの世界一に貢献した。

また2009年の南アフリカラグビー最優秀選手にも選ばれ、2009年と2010年はスーパー14のブルズ(南アフリカ)の2連覇にも大きく貢献した。

http://www.suntory.co.jp/culture-sports/sungoliath/news/2010c/20100609_1.html

[エリス少年]
posted by コラソン酒井 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

6月7日、日本A代表が無事帰国。日本協会HPに帰国時の模様がアップされています。

http://www.rugby-japan.jp/japan/japan_a/2010/id8265.html

7人制日本選抜「フィジー遠征」参加メンバーが発表されました。

1 桑水流 裕策(コカ・コーラ)
2 築城 昌拓(コカ・コーラ)
3 谷口 到(神戸製鋼)
4 堀江 恭祐(明治大)
5 園中 良寛(筑波大)
6 宇薄 岳央(東芝)
7 友井川 拓(NTTコミュニケーションズ)
8 正面 健司(神戸製鋼)
9 城戸 雄生(トヨタ自動車)
10 山内 貴之(トヨタ自動車)
11 小澤 大(流通経済大)

監督 村田 亙
コーチ 岩渕 健輔

日本A代表組の築城・正面・山内の3名は帰国したと思ったら、もうフィジーに飛んで行くんですね。

まさにフル稼働!

遠征は6月11日〜23日、7人制ラグビーが盛んなフィジーの「FIJI Games」参加に加えて、フィジー国内のトップチームと試合を重ねる予定です。

また6月12日はフィジー・ラウトカでパシフィック・ネーションズカップ、日本代表vsフィジー代表戦を観戦。

ジャパンの強力な応援団になりそうですね!

南国フィジーで
桜よ、咲き誇れ!

http://www.rugby-japan.jp/japan/sevens/2010/id8330.html

[エリス少年]
posted by コラソン酒井 at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月07日


daddc5b7.jpgスペイン協会HPで確認したところによれば、6月5日(土)(日本時間6日午前1:00)、スペイン・バリャドリードで行われた日本A代表スコットランド・スペイン遠征の第3戦、日本選抜vsスペインXVの結果は以下の通り。

SELECCION DE JAPON 60-3 ESPANA XV

第2戦のスコットランドXVは、22名のメンバーの内20名(先発の15名は全員)がスコットランド代表キャップを持つ相当強力なメンバーでしたが、スペインXVはどの程度のメンバーだったのでしょう?

いずれにせよスペインとホームユニオンとのレベルの差は歴然。

これで日本A代表は2勝1敗でスコットランド・スペイン遠征を終え、明日帰国します。

お疲れ様でした。

SELECCION DE JAPONメンバー

スペイン協会HPには23名?の登録がありました。

1 長江 有祐(リコー)
2 平原 大敬(コカ・コーラ)
3 土井 貴弘(NEC)
4 三根 秀敏(コカ・コーラ)
5 谷口 智昭(トヨタ自動車)
6 キム・ヨンデ(リコー)
7 篠塚 公史(サントリー)
8 イオンギ・シオエリ(NTTドコモ)
9 大島 脩平(関東学院大)
10 入江 順和(三洋電機)
11 築城 昌拓(コカ・コーラ)
12 仙波 智裕(東芝)
13 山内 貴之(トヨタ自動車)
14 北川 智規(三洋電機)
15 五郎丸 歩(ヤマハ発動機)
16 伊藤 平一郎(早稲田大)
17 手塚 洋成(クボタ)
18 ティモシー・ボンド(帝京大)
19 飯島 陽一(三洋電機)
20 ネーサン・アンダーソン(神戸製鋼)
21 今村 雄太(神戸製鋼)
22 パエア・ミフィポセチ(埼玉工業大)
23 正面 健司(神戸製鋼)


[エリス少年]
posted by コラソン酒井 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパン

2010年06月04日


【日本代表強化試合】(6/4 NZ)
JAPAN XV 19-23 ノースハーバー州代表
posted by コラソン酒井 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパン

2010年06月02日


jbvjap.jpgスコットランド協会HPで確認したところによれば、6月1日(火)に敵地マレーフィールドで行われた日本A代表スコットランド・スペイン遠征の第2戦の結果は以下の通り。

JAPAN SELECT 5-24 SCOTLAND XV

やはりシックスネーションズの壁は厚かった。

次のスペイン戦には絶対に勝って欲しい!


1 手塚 洋成(クボタ)
2 平原 大敬(コカ・コーラ)
3 長江 有祐(リコー)
4 ティモシー・ボンド(帝京大)
5 谷口 智昭(トヨタ自動車)
6 篠塚 公史(サントリー)
7 キム・ヨンデ(リコー)
8 イオンギ・シオエリ(NTTドコモ)
9 大島 脩平(関東学院大)
10 入江 順和(三洋電機)
11 パエア・ミフィポセチ(埼玉工業大)
12 アイセア・ハベア(天理大)
13 山内 貴之(トヨタ自動車)
14 今村 雄太(神戸製鋼)
15 五郎丸 歩(ヤマハ発動機)
16 土井 貴弘(NEC)
17 中田 英里(早稲田大)
18 三根 秀敏(コカ・コーラ)
19 ネーサン・アンダーソン(神戸製鋼)
20 北川 智規(三洋電機)
21 仙波 智裕(東芝)
22 正面 健司(神戸製鋼)

[エリス少年]
posted by コラソン酒井 at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月01日


世間では6月1日からクールビズが始まりましたが、ちょっと素敵なニュースが各新聞社のサイトに掲載されていました!

頑張れ、東大阪市!

以下サンスポより

sha1006011127009-p1.jpg2019年に日本で開かれるラグビーのワールドカップ(W杯)開催地に名乗りを上げている大阪府東大阪市は1日、職員の服装をクールビズに切り替え、有志の職員が揃いのラガーシャツを着用して仕事を始めた。

同市にはラガーマンの"聖地"とも言われる近鉄花園ラグビー場があるが、スタジアムに大型スクリーンやナイター用の照明設備がなく、開催候補地から漏れている。

野田義和市長もラガーシャツを着用し「ラガーマン憧れの地で1試合でも開きたい。(所有者の)近鉄とも改修の調整をしていく」と意欲を見せた。

この日は約50人が着用。やや厚手で「ちょっと暑いな」の声も聞こえたが、白と水色のさわやかな横縞は概ね好評だ。今後は計約230人の職員が着用する予定で、訪れる市民らに「ラグビーの町」をアピールし、W杯開催地への足掛かりにと期待されている。

[写真]
揃いのラガーシャツを着用し、ラグビーW杯招致を目指して気勢を上げる東大阪市の職員ら(サンスポ)

20100601-00000012-maim_a-000-0-thumb.jpgクールビズが始まり、ラグビーW杯誘致をアピールするオリジナルラガーシャツを着て窓口対応をする東大阪市職員たち(毎日新聞)


[エリス少年]
posted by コラソン酒井 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
spacer.gif
spacer.gif